読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Penguin Diary

PNdesign(ピーエヌデザイン)

  • clothes
  • my partner
  • movie
  • design
  • books

webデザインをお仕事にしている、元アパレルバイヤーの日常記録です。

36 : clothes story【②黒いVネックニット】

少し時間があいてしまいましたが、

 

pndesign-y.hatenablog.com

 

この記事のつづきを久々に今日はかこうと思います。

 

30代ワードローブ【春7アイテム】編。

 

①白いコットンシャツ 

②黒いVネックニット

③黒いキャミソール

④ストレートのデニム

⑤ベージュのコットンサテンのチノパン

⑥黒いレザーパンプス

⑦ネイビーのトレンチコート

 

 

の②の黒いVネックニットを。

 

 

一昨年から引き続き、深いVネックニットが

流行していますが、深いVネックは顔の形を選ばず着用できます。

またきちんと感もありつつ、Vのネックの深さによっては

カジュアルを演出できます。

 

肩幅と胸がはっている人は、胸のあきが深いものをぜひ選んでください。

肩幅がはっている人はドルマンタイプだとよりほっそり見せることができます。

胸がはっている人は、詰まり気味だと太って見えるので気を付けてください。

 

小柄な人や華奢な人はあまりあきすぎていると

かがんだ時に胸元が見えすぎてしまうので、

コンパクトでミニマルでいて首元は詰まり気味のほうが綺麗に

ほっそりと着こなせます。

 

ただ、黒のVはだれにでも似合うからこそ試着が本当に大事で

一概にこのブランドなら!というのが本当に言えないアイテムです。

が、ずっと長く着られるアイテムに間違いはありません。

しかし、素材によっては毛玉の問題がでやすいアイテム。

カシミアの5万超え!などの超ハイクラスを狙わなくてもいいですが、

そこそこお金をかけることをおすすめします。

 

 

www.johnsmedley.jp

 

 

わたしのおすすめは、JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)です。

さすがにこのあたりだと大手セレクトでもおいていることが

まれにまだあるので、ぜひ店頭で手にふれてみてください。

 

1784年創業のこちらのブランドは、良質なウールのレベルを

維持するために、今現在においてなお、家族経営を続け、

独自の牧場をもち、自社の羊を育てています。

 

その良質なウールは、触ると一目瞭然。

まるでシルクのようなとろける肌触りで、思わず顔をうずめたくなるほど。

糸が細く、なめらかに緻密に織り上げられているので

初めて袖を通したときは、やや窮屈に感じられるかもしれません。

 

が、それは何度か洗濯を行った後に、その品質の高さが発揮されます。

とにかくヨレにくく、へたりにくい。

縮みは気を付けないとやはりウールなのででてしまいますが、

これだけ薄手に仕上げていてこのヨレにくさはさすがといったところ。

展開色は多いですが、色の出し方はどれもやや濃いめで

色白の方は念入りに色をチョイスすることをおすすめします。

 

メンズはサイズが大きめですが、レディスは脇繰りが細身です。

着丈がやや短いので、パンツとあわせられる方は要注意。

 

モデルによって名前がつけられており、

シーズンごとに入手できる型が異なるので注意が必要です。

また毎年リリースされる型は、シーズン色以外は

基本的にセールにかからないので、ポイント還元が高いときを

狙って購入することをおすすめします。

 

f:id:PNdesign-y:20160226004653j:plain

 

お値段は御覧の通り、平均30,000円~ですが

上代は定番モデルでもシーズンごとに変わる場合がありますのでご注意ください。

 

 

Vの深さやシルエットは、トレンド的でなく

老舗ブランドならではの普遍的超ベーシック。

 

長期にわたって着用可能です。

自分へのご褒美にいかがでしょう?

 

では今日はこのへんで。