Penguin Diary

PNdesign(ピーエヌデザイン)

  • clothes
  • my partner
  • movie
  • design
  • books

webデザインをお仕事にしている、元アパレルバイヤーの日常記録です。

83 : clothes story【30代女性の賢い買い物の仕方②】

更新が空いてしまいましたが、「30代女性の賢い買い物の仕方」2つ目のポイントについて今日は書きたいと思います。

 

①何を買うか 〜資産になる洋服を買う方法〜

②購入するタイミング 〜最安値できちんと本物を買う〜

③時間をかけずにどう選ぶか 〜迷わない選び方〜

 

②購入するタイミング 〜最安値できちんと本物を買う〜

 

洋服の値段が下がる時期はいつでしょうか?

それはみなさんご存知の通り、冬と夏のバーゲンセールです。

夏のセールは早いところで6月末から、遅いところでも7月2週目頃から値引きし始めます。

最初は10%OFF程度ですが、8月上旬にもなると30~40%くらいには下がっていたりします。

セールが始まる前に店頭で下見をしてからセールに臨むという方もいらっしゃいますが、私はできるだけ時間コストを減らしたいのでそういったことはほぼしません。

2年越しの取り組みになりますが、1度路面店ではなく大型のショッピングモールに行き、普段気に入って買っているブランドを同時に10店でも20店でも、見られるだけ同時に観察してください。1店舗に長く滞在するのではなく、ざっと流すように。ピンときたものだけ手に取ってください。それを最低2年は続けてください。

そうすることで、各店舗の値引きの仕方や、安くなる洋服とそうでない服の違いが見えてくると思います。

 

洋服には原価率があり、その比率がセールでの割引率を左右しています。そのブランドが制作している商品だと、安いものであれば20%、平均30%といったところでしょうか。しかし、これがインポートやセレクト品だと原価50〜60%にまで跳ね上がる時もままあります。(稀にとても安い原価率のセレクト品も存在するので一概にはいえませんが)

 

オリジナルブランドの商品はセールの時に大きく割り引いても利益が残る計算で作られています。逆にいえば定価で購入すると、とても損をするシステムになっています。

昔は各ブランドで個性が異なる商品が並んでいましたが、今はマーケティングが発達して売れる商品・売れる型だけに焦点を当てて生産するようになったため、各ブランドの多様性が薄まりました。

これはアパレル業界自身が自分で自分の首をしめるような行為で、消費者はどこで買っても差を感じないため、より安い価格で販売している店で買うようになりました。また店頭では商品を確認するだけにとどめ、ネットで最安値を探して購入するようになりました。

 

 

全く利益が上がらない状況に、これではいけないと、セールしなくても売り切れるシステム作りを目指すブランドが増えてきました。そのため近年は大きな割引をする店舗が減ってきたように思います。

 

しかし、今の世相は人によって好きなものが違う時代。高度なマーケティングで同質化してきた日本のファッション業界は一つの転換期を迎えようとしています。

 

ZOZOタウンが仕掛けたZOZOスーツは革命的でした。まだ誤差があるとしても、近い将来どのサイズがいいのか店舗スタッフが見立てる時代が終わるでしょう。

 

そうなるとどうなるか。

 

他の店にはない、自分ぴったりのサイズを買うことができる。

値段は1年通して変わらない。

必要な時に、必要な分だけ購入することができる。

店舗側はセールによる利益変動がないため安定的な経営ができる。

 

最終的に最安値で買えるタイミングなどほぼなくなってくるということです。

 

ボーナス時期の財布が緩みやすい時期に何かの施策は続くと思いますが、大きな割引は減っていくでしょう。今後欧米にならって年俸制の会社が増加していけばそれも減っていくことでしょう。

 

と言っても10年先か5年先かという話なので、今のうちに、10年着られる洋服をセールで安く買っておきましょう。

コツはちゃんと「セレクト品」を置いているセレクトショップにいくこと。元値が高額な分、セール後半でもお店に残っています。半額になっても高く感じることでしょう。それでも私はデザインや着心地を気に入れば絶対に「買い」だと思います。

 

また、セレクトショップでは、普段セールをしないブランドのセール品を見かけることがあります。これはセール禁止の通達を出されているのを見落としていたり、来年度は生産されない商品に限り割引が許可されていたりと理由は様々なのですが、かなりお得なのです。また、在庫を残しておけないので割り引く時は思い切り割り引いてくれます。

 

商品がセレクト商品なのかは、商品に付いているタグを見ればわかります。ブランドネームがそのブランドのものではありません。

 

昨今はセレクトショップをうたっていたお店の方がセレクト品が少なくなってしまったように思います。狙い目は20代向けのカジュアルショップ。20代にはなかなか手が届かない値段だったり、20代はまだまだ流行りを追いかけたい年頃なので、誰が着ても流行に乗れるブランドオリジナル商品が好きなため、かなりの確率でお得なセレクト商品が残っているのです。それも80%OFF等の高い割引率で!

 

 

①セール後半時期に、普段買わない若年層向けのセレクト商品を置いているお店を覗くこと。

②ZOZOのクーポンセールをうまく利用すること。

(ただし、これは今後もうほとんど高額な割引セールはしなくなると予想します)

③毎年セールの時期に同時に店舗を回って各店舗のセール動向を頭に入れること。

 

人によって欲しいものが違うので、傾向の分析は結局自分でするしかないという感じのこの頃ですが、30代はぜひ長く使えるものに焦点を絞って買い物してみてください。

 

一番大切なことは、本当に必要なアイテムのことを常に意識し、セール会場で見つけた場合は即決できるよう普段から意識すること。

今後はますますベーシックな商品は定価でしか購入できなくなってくることも覚えておいてください。

 

度々こちらのブログでもご紹介したのですが、

YANUK(ヤヌーク)のデニム、本当に〜〜〜〜〜稀〜〜〜〜〜〜にセール品に出会いますが、基本はセールNGのブランドです。

自分好みのデザインとサイズをセール価格で見つけたらぜひ即決を。

 

 ↓私の一押しはこちら

(ヤヌーク) YANUK BOYS CROPPED (CECIL) 57173055 BLU 23

(ヤヌーク) YANUK BOYS CROPPED (CECIL) 57173055 BLU 23

 

 

 

(ヤヌーク) YANUK SKINNY(PATRICIA) 57153201 WHT 23

(ヤヌーク) YANUK SKINNY(PATRICIA) 57153201 WHT 23

 

 

 

(ヤヌーク) YANUK(ヤヌーク) Mid Rise Slim (JOYCE) 57181000 INP 25

(ヤヌーク) YANUK(ヤヌーク) Mid Rise Slim (JOYCE) 57181000 INP 25

 

 

 

(ヤヌーク)YANUK BASIC BOYS SLIM (KAY) 57161062  DLB 23

(ヤヌーク)YANUK BASIC BOYS SLIM (KAY) 57161062 DLB 23

 

 

 

(ヤヌーク)YANUK WIDE(LYDIA) 57173020  IND 25

(ヤヌーク)YANUK WIDE(LYDIA) 57173020 IND 25

 

 

 

(ヤヌーク)YANUK BASIC BOYS CROPPED (CECIL) 57161054  BIN 27

(ヤヌーク)YANUK BASIC BOYS CROPPED (CECIL) 57161054 BIN 27

 

 

 

(ヤヌーク) YANUK Skinny(PATRICIA) 57181040 INP 23

(ヤヌーク) YANUK Skinny(PATRICIA) 57181040 INP 23

 

 

 

(ヤヌーク) YANUK DENITLOUNGE TAPERED 57181121 BEG S

(ヤヌーク) YANUK DENITLOUNGE TAPERED 57181121 BEG S

 

 

 

(ヤヌーク) YANUK Skinny(PATRICIA) 57143047 CIN 24

(ヤヌーク) YANUK Skinny(PATRICIA) 57143047 CIN 24