読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Penguin Diary

PNdesign(ピーエヌデザイン)

  • clothes
  • my partner
  • movie
  • design
  • books

webデザインをお仕事にしている、元アパレルバイヤーの日常記録です。

47 : my partner【草津温泉・鬼怒川温泉2泊3日の旅模様】

 

pndesign-y.hatenablog.com

pndesign-y.hatenablog.com

 

 

引き続きまして本日が最終日となります。

鬼怒川温泉で一泊したわれらですが、

旅で一番おいしかったといっても過言ではない

 

おおあみさんの「かりんとうまんじゅう」

 

www.ooami.co.jp

tabelog.com

 

写真を撮り忘れてたのですが

なんせもっとかっとけばよかった~。

って3回は言いました。

 

ここでは

たまりづけのらっきょとかりんとうまんじゅうと地ビールとゆず酒ゲット。

 

ゆず酒は日本酒風味の濃いくちで

わたしはすきなあじでいいかんじにほろ酔いに。

地ビールは飲むタイミングを逸して

今も我が家の冷凍庫(こわれてるから冷蔵温度

で眠っております。

 

前置きが長くなりましたが、

最終日はさすがに疲れがでてきており

布団から抜け出すのにわたしもふるふる君もかなりの

エネルギーを使いました。(超低血圧

 

それでもなぜか今回のツアー参加者は

恐ろしいほどに時間に正確。というか集合時間の10分前行動。

 

最終日は集合まであと10分あるタイミングで

朝ごはんのデザートにかかってたところ

コンダクターが朝食会場まで呼びに来るという事態。

 

旅の余韻というか余白というか

みんなそういうの。。いらないのかな。。

 

とおもったのですが、気を取り直して出発。

 

この日は水澤観音へ。

いや、聞くまで知らなかったので、みどころポイントとか

なにがすごいとか知らずに行ったんですけど

 

 

f:id:PNdesign-y:20160401023553j:plain

 

f:id:PNdesign-y:20160401023646j:plain

f:id:PNdesign-y:20160401023651j:plain

 

とりあえず神輿みたいなこいつは回してきました。

 

こういうときふるふる君は恥ずかしがって

悪のりしてくれません。

いつもスカしています。

ふん。

 

f:id:PNdesign-y:20160401023700j:plain

 

裏側にまわるとひっそりとこんな展示も。

極彩色の彩色がキレイ。

 

f:id:PNdesign-y:20160401024449j:plain

 

近くでは白い梅がさいていました。

 

 

ほんで野菜市みたいなところで

ふるふる君は今年われらが何度も挑戦して

あまりのまずさに苦しみ続けて

でも食べたくていろいろとチャレンジしたみかんと

おいしそうなみたらしだんごとやきもちをゲット。

 

わたしは栃木っぽいものほしくて

くだんのマイタケとデコポンといちごをゲット。

みたらしだんごとやきもちもゲット。

 

デコポンは・・たべれないことはないけどぱさぱさ。

いちご・・すっぱい。

マイタケ・・ふるふる君ノロ(疑惑

みかん・・・まずい。

餅類・・・餅じゃない。ふがしというかなんか空洞多い。これじゃない感。

 

という燦燦たる結果に終了。

もうわかった、わかってしまった。自然のめぐみてきなやつだけじゃない。

2日前から気づかないふりをしていたけれど

味付け、料理法、すべてが。。。すべてが。。。

 

 

f:id:PNdesign-y:20160401024254p:plain

 

北関東の味覚は合わない。ピシャー!

 

 

という悲しい発見でした。

 

そして、旅のハイライト的、

ふるふる君だいすき真田丸のほんまるともよぶべき

上田城へ!!!!!!!

 

f:id:PNdesign-y:20160401024433j:plain

 

ええ~~てんきやな~

 

 

f:id:PNdesign-y:20160401024459j:plain

なんかもっていきたかったけどもっていけへんほど

大きかった的石。

先日大阪城で常軌を逸するおおきさの石をみていたので

こぶりじゃん、という感想。

 

↓比較しにくいですが大阪城の石。1.65メートルのふるふる君をおいてみた。

 これ1枚岩なんだよ。。意味わかんない。

f:id:PNdesign-y:20160401025327j:plain

 

 

f:id:PNdesign-y:20160401024509j:plain

上田城のカメラマンはふるふる巨匠。

マニア気質の彼の腕がうなります。

 

f:id:PNdesign-y:20160401024511j:plain

ぴかーん。

さなだまるみてへんから

どんなシーンでここがでてくるのかわかんないけど

きっとドラマみてる人にはぐっとくるとこなのだろう。

 

たぶん、桜の時期にきたらよりキレイ。

f:id:PNdesign-y:20160401024520j:plain

f:id:PNdesign-y:20160401024526j:plain

 

駆け回るように散策。

なんかでたとこに謎のゴリラ。

 

f:id:PNdesign-y:20160401025600j:plain

 

カバもいたので上にのって撮影してみましたのですが、

掲載は控えます。

 

今回わたしは4体くらいの銅像とともに被写体になりましたが

さすがにそこまで自分の醜態さらすきになれないので

お蔵入りとします。

鬼怒川温泉にいるちょっと卑猥な銅像との

セッションをにやにやしながら撮影していたふるふる巨匠。

魅せられなくて残念です。

 

f:id:PNdesign-y:20160401025607j:plain

 

帰りも北陸新幹線に30分ほど乗車。

もう泥のように寝ました。

富山駅付近で富山城(?)を激写するふるふる君。

日本の武将的なものがたぶんちょうすき。

たまに思うのですが、ふるふる君の趣味嗜好は

40歳は軽く超えてるきがする。

ふるふる君と話すと

過去お話ししたことのあるいろんなミドルの話がアタマをよぎることは

ここだけのはなし。

 

 

f:id:PNdesign-y:20160401025909j:plain

f:id:PNdesign-y:20160401025916j:plain

 

 

サンダーバードからみる夕暮れ。

 

f:id:PNdesign-y:20160401025612j:plain

 

いや~しかし

人間こんなに寝れるんだな、というくらい

移動の時間はだいたい寝てました。

 

超ハードでしたが、効率よくまわれてトータル満足です。

だけど、、ごはん、、うう、、

 

次はごはんおいしい旅にするぞー!!

 

でもいい思い出ができました。