読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Penguin Diary

PNdesign(ピーエヌデザイン)

  • clothes
  • my partner
  • movie
  • design
  • books

webデザインをお仕事にしている、元アパレルバイヤーの日常記録です。

35 : movie【ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります】

www.nagamenoiiheya.net

f:id:PNdesign-y:20160223051954p:plain

 

こちらを見てきました。

 

すでに3度目となるエキスポシティで!

 

ちなみにこの日、わたしは乗り換えを誤り

上映9分前に駅につくという超大ポカをやらかしました。

おかげで映画を観る前に、ふるふる君に

ごめんねを直接いうつもりがすっかりタイミングをのがし

なんならふるふる君にチケットを発券させ

ドリンクをかわせてまたせるという失態。

ゆっくり会話する間もなくばたばたと場内へ。。

 

という前置きはさておき、ちょっと1度体験してみたかった

エグゼクティブシートを今回とってみました。

座ってみた感想は、目線はスクリーンにぴったりとあって

物を置くスペースが左右にゆったりととってあるので

隣の人を気にするストレスはなく楽ちんではあったのですが、

ちょっとふるふる君との距離も遠くなってしまい

ホームシアターで映画を観ている気分にはなれましたが

座り心地がノーマルシートと大差なく、むしろ椅子幅が左右に広いのに

座面の奥行が比例して深くなっておらず、若干浅いことで体が不安定で

個人的には期待値に届かず。

 

この程度なら、3Dや迫力系じゃない映画でエグゼクティブとる必要は

あんまりないかな・・というところでした。

荷物が多い日はとりたいですが、そんな日はそうないでしょう。

でもシェアするポップコーンはたべやすくてよかったです。

 

ほんで、肝心の映画ですが

モーガンフリーマン久しぶりにみたな~というところと

老人になった子なし夫婦の住宅話にしては

かなり途中アップダウンが激しくて

ちょっと予想と違いました。

 

もうちょっとハートフルなじんわり系かと思っていたのですが

結構はげしかった。

 

ストーリーは、ブルックリンのエレベーターのない5階でくらす老夫婦が、

年をとったことで階段の上り下りがつらくなってきて

家を売って新しいところにすもうとすることからはじまります。

そこで、不動産売買を手掛けるシンシアニクソン

この老夫婦のエージェントとしてつくのですが

よくしゃべるやり手で、場所がブルックリンという設定が

どうしてもSATC(セックスアンドザシティ)で弁護士役として

登場するミランダとだぶって、ちょっとSATCファンが

ちがう角度でニヤっとなるかもしれません。

 

NYってほんと、住宅高いんですね。

競売にかけていくプライスを日本円に換算して

ぎょ~ってなりました。

夫婦は110万ドルの家を買おうとするのですが、日本円で約1.2億くらいじゃないの~

そしてブルックリンでエレベーターなくても

90万ドル前後のオファーがつくって。

 

飼い犬の治療費、1000ドルの治療費をしぶるモーガン

そんなんならとりあえず毎日のスタバをやめなよ

と思った庶民のわたしです

 

そんな住宅事情にほえ~となりつつ

長年連れ添っても喧嘩するもんは喧嘩するし

でもその仲直りの方法って

だんだんきまってくるのかもしれないなと思いました

 

大体の夫婦は、子どもをもつことでより家族になっていくんでしょうが

いないとやっぱりどこかずっと恋人同士で

いられるのかもしれないですね

 

年取ってるはずなのに、二人には見た目の年齢を重ねただけの

若いころとそこまで中身に差がない2人に見えました

 

オデッセイを鑑賞したときも思いましたが

アメリカ映画によくある押しつけ家族愛バンザイ、

子どものためになんとしてでも生還するバンザイ

がなかった

必ずいれなくてもいい方向になりつつあるのかな

と思うと結構ほっとします

大人2人だけの世界は穏やかな幸せが

すごく長続きするんじゃないかなと思いました

 

ところで、シンシアのフレンチシックなおばあちゃんルック

よかったです

 

f:id:PNdesign-y:20160223055943p:plain

f:id:PNdesign-y:20160223060015p:plain

シャツ、チノパン、鮮やかなストール

いいですね~

 

ところで、ブルックリンで住宅事情の映画をやるなら

インテリアもうちょっと、もうちょっとこってほしかったな・・

統一感にいまひとつかけて、ダイニングも決して悪くはないけど

印象に残らない普通の家だったことがなんかひっかかった

 

新しく心ときめく家も、家具がとりはらわれていたし

そこに重きはおかない監督なんだろうなぁ

 

ながめのいい部屋に嘘偽りはなかったけどね!

 

そこが残念でした。

 

この後、ふるふる君と食事にむかったけど

やっぱりまだぎこちないので

とりあえずふるふる君をちゅーする勢いで超至近距離で見つめときました。

ちょっと嫌がる&照れる日本人男子ふるふる君を見て

なんでかわかりませんが、ほっとしたのでした。