Penguin Diary

PNdesign(ピーエヌデザイン)

  • clothes
  • my partner
  • movie
  • design
  • books

webデザインをお仕事にしている、元アパレルバイヤーの日常記録です。

14 : clothes story【2015秋冬レディス総まとめと30代が2016春夏に買うべき服】

2015年秋冬レディスの展開を総まとめするならば

今年はどこのブランドも面白くなかった。

 

どこのブランドもマーケティングの質があがってきており、

売れる形をひとそろいそろえた店舗ばかりで

正直どこをのぞいても玄人目から見ても似たり寄ったりのデザインで、

一般顧客はより一層似たり寄ったりに感じていたことだろう。

 

どれを買っても長く着られる形だけど

どこで買っても同じ。

 

それが吉とでたのか凶とでたのかは

1月末頃のファイナルクリアランスの物量をみれば

成功したブランドとそうでないブランドを計り知れるだろう。

 

今年は洋服を本当に買わない年だった。

 

2015秋冬のトレンドは、

ガウチョ、Vネックのジャンパースカート、ビッグアームのタートル、フリンジ

2015秋冬のトレンドカラーは、

ベージュ、カーキ

等々といったところか。

また、新しく目立った素材はなかった。

 

ノスタルジーかつリラックスムードが引き続き続いているが

30代オーバーには特別買い足す必要のないアイテムばかりだ。

ビッグアームのタートルは、旬であり大人カジュアルな形で可愛いのだけど

ビッグアームのアウターをセットで着用する必要があり

なおかつ会社勤めをするOLが着られるほどそれはコンサバティブではなく、

また子育てをする主婦には使いづらいアイテムだ。

 

きれいめなガウチョは買いアイテムだったが

ふくらはぎがはっている私には体型的にきついアイテムだ。

ガウチョは、身長が低い人、腰はりさんの多い日本人にとって

おしりまわりは隠せても本来全体的なバランスはとりにくいアイテムだ。

 

全体的にトレンドが落ち着いている。

 

今年度の秋冬までこのムードは続きそうだが、

質のいいアイテムをこれまでそろえてきている人なら

特段セールでも買い足す必要はないシーズンだった。

 

プリントがほとんどないシーズンは

全体的に売り場が沈む。

 

購買意欲を促進するには

少し厳しい年だったろうと思う。

 

そして2016春夏が立ち上がったが、

う~ん!

目新しさがない。

 

パステルカラーの展開も少し秋冬からの継続で

水色と薄いピンクが多い傾向にはあるが、例年の春夏の傾向だ。

 

イエローも目に付いたがこちらも特筆すべきものではない。

 

少し毛色が違うところでいえば

チェックにボーダーをあわせるような

ちょっとありえない組み合わせの【タッキー】

というテイストをトレンドとして押し上げようとしているが

今のリラックスムードを払拭するほど

マスへ浸透するとは思えない。

 

困った。

春夏も服が買えない。

 

 

そんな悩める30代へ、わたしmomoから

2016春夏コレクションの中から、今年買うべき服を提案させていただいます。

 

 

①黒のサマードレス

f:id:PNdesign-y:20160128233442p:plain

<2016SS BLUEGIRLより>

コットンではなく光沢のあるキュプラやサテン生地がおすすめです。

できればロングで、リラックスムードのトレンドをとりいれつつ

大人のドレッシー感をキープできます。

アクセサリーを忘れずに。

 

 

 

②パステルカラーのシフォンワンピース

f:id:PNdesign-y:20160128234024p:plain

<2016SS エミリオプッチより>

トレンドカラー2色ともをまぜあわせた微妙な色合いの

シフォンワンピースは新鮮です。

若作りしすぎない大人のカジュアルに仕上がります。

 

 

③白いドレスオーバーオール

f:id:PNdesign-y:20160128234458p:plain

<2016SS カルバンクラインより>

一昨年ころよりホワイトのオーバーオールをちらほらみかけるように

なっていますが、カジュアル素材ではなく

こういった光沢素材が今年は新鮮です。

2016SSのカルバンクラインは全体的に好みでした。

 

 

【30代が2016春夏に買うべき服 総括】

トレンドのゆるくてロングなリラックスシルエットはおさえながら

30代以上の大人の女性は、素材を上質なもの(光沢のあるもの)に

チェンジすれば、2016春夏は昨年度や若い子たちとは

一線を画したスタイルに仕上げられます。

足元はホワイトスニーカー(スリッポンタイプ)

を1足押さえておくと、かなり使いまわせそうです。

トレンドの真夏に黒&赤の提案は

人前にでると暑苦しい印象なので、30代としてはTPOを選んで

使いたいところ。

軽いペールトーンやグラデーションのシフォンワンピは1枚おさえておくと

秋まで使えるはず。

 

ワントーンコーディネートのブームはまだまだ続きそうですが

ここらへんでアクセをがっと買い足しておくと

シーズンのつなぎがうまくいきそうです。

 

ではでは。